AMD Ryzen 5 3600XとGIGABYTE X570 AORUS X570 PRO、Samsung 950PROの組み合わせで相性トラブル?BIOSの不具合?Windows 10インストールできない問題が発生。

世間のRyzen の評価すごいですね。実際速いですね。CPU的には3700X、3900Xが大人気ですが、一番不人気の3600Xを買ってしまった筆者です。おはこんばんにちは。

そんな、とても速くて大人気なRyzenですが、ビミョーな問題に悩まされています。

表題の通り、以前使っていたNVMeSSD Samsung 950PROがGIGABYTE X570 AORUS X570 PROのBIOS上で全く認識しないのです。

インサート!

認識しないの図。

M.2が N/Aですね。 なんで?

M2 A,Bどちらのスロットに挿しても反応しません。しかしWindows10のインストール画面では認識されている。だがインストールしようとするとドライブ異常とのことでインストールできず。。。

んんん?これは..一体何だ…?

そんなことをツイートしたところ、GIGABYTEの中の人からBIOS更新してみては?とのリプを頂いたのでF3からF4dへ更新。

BIOS更新の図
F4dにあがった

しかし何も改善せず。

そのことをお伝えしましたが、GIGABYTEの中の人の反応が途絶えてしまいます😢カナシイ…

仕方ないので翌日、買ってきました。gen.4 SSD CFD CSSD-M2B1TPG3VNF。

3万円也(いや、もともと買うつもりだったんだ..(言い聞かせ))
同じサイズ。
Gen.4のSSDはBIOSで認識している。

(先に以前使っていたマザーでSamsung 950PROの検証しろよと思いますが面倒だったので。。。(結局最後に追って検証しています)

早速インストールゥ!はい、認識しました。

とっても速いです..!

うーん。何でX570 AORUS PROでSamsung950PRO認識しないんでしょう。。。

セカンドにM.2SSDを刺したところ、BIOSでは相変わらず認識しませんが、Windows10のディスクの管理上では認識、フォーマット、書き込みできました。


BIOSで認識できないため、Windowsのインストールが不可能になっている模様(=_=;)一体何なんだ!これ…

購入元であるソフマップ2号館の店員を捕まえて相談しましたが、曰く、現地に再度パーツ一式を持ってこないとどうにも対処できない、かも、かも?とのこと。。。(満員電車で片道1h担いでいくの辛い(コナミ))

はーめんどくさい。。。
面倒臭すぎてとりあえず持っていくのを保留しています。

とりあえず今後のBIOSで修正されることを願うばかりです。

せっかく速くて良いPCだったのにモヤモヤ。。。

最後に以前使っていたX99でも追って検証します。。。

ケースが1個しかないのでRyzen全バラからのIntel全組(死)
地味にXeon E5-2697v3 + 64GBRAM、GTX980SLIの豪華仕様である

当たり前のようにBIOSで認識し、Windowsのインストールも問題なく行えました。なのでSSDの問題ではないです。

BIOSで認識
Windows10インストール
無事に認識しているの図

まとめると、以下の現象が起きています。

  • GIGABYTE X570 AORUS PROの BIOS 上でSamsung 950PRO を認識できず (Ver.F3→F4d へ更新しても変わらず) 、Windows 10のインストールドライブとして利用できない。
  • Windows上では認識するのでセカンドドライブであれば書き込み問題なし。
  • 後で買ったGen.4 SSD(CFD CSSD-M2B1TPG3VNF)は認識される
  • Samsung 950PROを元々刺さっていたASUS X99-A2に刺すとBIOSで正常認識し、Windows10のインストールが正常にできたので、 SSDに問題はないと思われる。

初期不良なのかBIOSの問題なのか切り分けができていなくてかなり困っています。

何ともスッキリしなくてモヤモヤしています。..X570ハイエンドチップでは古いSSDは使うなということでしょうか?(何)

てか、Gen.4 NVMeじゃないNVMeSSDの人、絶対多いよね?
私だけトラブルなの?一体そこのところドウナノー!( `皿´;)クワッ!!

誰か詳しい方情報いただけるととても助かります。

 

スポンサードリンク

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL