CentOS7でのパスワード無しsudoの設定方法

CentOS7になってから、これまでと微妙にvisudoの挙動が異なる模様なのでメモ。

単純に言うと、rootの直下ではなく、最終行に書かないと認識しない模様。

編集箇所:

# visudo

…中略…
L:117~


## Read drop-in files from /etc/sudoers.d (the # here does not mean a comment)
#includedir /etc/sudoers.d

パスワードを毎回入力させないようにする場合:

[sudoさせたいユーザ] ALL=(ALL)       NOPASSWD:ALL

パスワードを毎回入力させたい場合:

[sudoさせたいユーザ] ALL=(ALL)       ALL

のように書けば良い。

2017/02/06 17:06 追記:
現在は最下行に書かなくても認識するようなのでrootユーザの下に書いて大丈夫です。
L.97~

## Allow root to run any commands anywhere
root    ALL=(ALL)       ALL
[sudoさせたいユーザ] ALL=(ALL)       NOPASSWD:ALL
 

スポンサードリンク

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL